肌断食初心者におすすめの本「夜だけ美容断食」第2弾

肌断食を始めようか迷っている。
肌断食をしたいけれど、毎日メイクをしなければならない。
本格的な肌断食は不安。

そんな悩みをお持ちの方でも、気軽に始められる肌断食本をご紹介します。

夜だけ美容断食

昼間は普通にスキンケアとメイクをして、夜だけ肌断食をするという夜だけ肌断食の本。

いつの間にか第2弾がでていたのですね。

初めて読む方は、先に第1弾のレビューをチェック。

肌断食初心者におすすめの本「夜だけ美容断食」

著者は、夜だけ美容断食の実行者。

昼間の肌断食も挑戦したらしいのですが、この方には合わなかったらしく、夜だけの肌断食になったそうです。

純石けんにあるものを足して乾燥しにくくさせたり、自社の化粧品を開発していたり、独自のスキンケア法を考案されています。

そのおかげで、今は肌年齢がかなり若返ったとか。

注意
あくまでも著者の肌に合った美容法ですので、お試しになる場合は、慎重に自分の肌に合うか見極めながら進めるようにしましょう。

同じお手入れ方法でも、よくなる人と悪くなる人がいます。

その人の肌質や肌歴、肌のダメージ具合によって、洗顔の温度から変わってきますので、自分に合った方法でお手入れするのが一番です。

肌断食入門書としては、とても入りやすく、化粧品を止めるのは夜だけなので、肌断食初心者の方や、普通の肌断食で挫折してしまった方でも挑戦しやすいと思います。

まずは、夜だけ美容断食を試してみて、ステップアップできそうだったら本格的な肌断食に移行するのもいいかもしれませんね。

私も夜はもう何年も何もつけずに寝ていますが、朝起きた時の肌は、サラサラつるつる気持ちがいいです。

不思議と乾燥や皮むけも治まっていきました。

夜は肌が生まれかわる時間、余計なものをつけずに寝るのが一番ですね。

ご興味のある方は、目を通してみてくださいね。
kindle版が今なら31%offになっていますのでお得です。

2 COMMENTS

しー

夢子さんこんにちは(*^^*)
お久しぶりですね♪
寒くなってきましたが、体調はいかがですか?

お肌の調子、とても良いみたいで羨ましいです!すべすべしてそうですね。

記事で紹介されている本ですが、この前初めて読みましたがとても分かりやすいですね。
確かに入門には良い本だなぁと思いました。

私事ですが、最近寒くなってきて乾燥し、皮脂が増えたのでしょうか。マラセチア菌がまた悪さをし始めました(T_T)

5日ほど前に、石鹸を使ったら頬がヒリヒリして顔が赤くなってきたので、これは乾燥だと思ってワセリンを塗って寝たら、翌朝に黄色の分泌液がでていて、脂漏性皮膚炎の再発だと確信しました。

肌断食、なかなかうまくいきません。
防腐剤でマラセチア菌の増殖を防ごうと、専用の化粧水のみ使用しています。
石鹸はしばらくお休みです。

ネットにはよく石鹸で患部を清潔にとありますが、私の場合石鹸を使うと必ず悪化します。

バリア機能が相当乱れているのでしょうか。以前、ニゾラールなどの皮膚科の薬を使っていましたが、その場しのぎという感じですね。

赤くてごわごわ、ぶつぶつ、本当に人に会うのが億劫です。
どんなに肌のことを調べても、最後に辿り着くのは「病的なものはスキンケアで治せないので皮膚科を受診してください」の一言です。

正直、皮膚科に行くのは疲れてしまいました。
夢子さんのブログを参考に、今後も肌について研究したいと思います。
アドバイスがありましたらぜひお願いします(>_<)

P.S 平野さんの肌断食という書籍の最新版?のような本が出たようなのですが、お読みになりましたか?(*^^*)
ちなみに私はまだです!
よく調べてないので、もし勘違いだったらごめんなさい。

またコメントさせてもらいます(*^^*)

返信する
美肌夢子

しーさんお久しぶりです。
ありがとうございます ^^) おかげさまで元気にやっていますよ♪
しーさんもお変わりないですか?

脂漏性皮膚炎の再発心配ですね…。
確かに、脂漏性皮膚炎は病院での治療が基本ですが、なかなか根治が難しいのも正直なところです。
病院により治療方法も違うでしょうし、再発される方も多くいらっしゃいます。

しーさんの場合石けんで悪化してしまうということですので、石けんの洗浄力が肌に合わないのではないかと思いました。
夜だけ美容断食の著書の方は、牛乳を混ぜて使用しているといっていましたが、アレルギーなければ試してみてはいかがでしょうか。
もちろん、使用せずに済むならそれが一番ですが。

私は、乾燥している時は石けんの前に純オイルをなじませたりしています。

早く脂漏性皮膚炎が根治するといいですね(>_<) あまりアドバイスになってなくてすみません。 平野さんの最新版肌断食本、書店で見かけました。 内容は変わらないようで、最後に宇津木龍一先生との対談が入っているみたいですよ。 機会があったら読んでみたいです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です