突然の肌荒れが治るまでの7日間の記録

久しぶりの更新となってしまいましたが、実は、年明け早々肌荒れというか、肌がかぶれて炎症してしまいました。

そんな、肌荒れの発生から、治るまでの7日間の経過を記録しておきます。

突然の肌荒れ

ある朝起きたら、旦那から顔真っ赤っかだよ!と言われ、慌てて鏡を見てみると、確かに顔が赤い。
そして、顔全体の皮がむけているような感じで、ムズムズする痒みが出ていました。


写真だと分かりにくいかもしれませんが、全体の皮むけ、頬の赤み、フェイスラインもただれています。

なぜだ?昨日寝る前は何ともなかったのに…。

思い当たる原因は…

  1. 空気の乾燥
  2. マスクのしすぎ
  3. 合わない食べ物を食べた
  4. 肌に合わないものに触れた
どれもありそうで、なさそうな…。
でも、おでこは問題ないのに、頬から下だけ荒れてしまったことを考えると、やはりマスクのしすぎというのが一番可能性ある気がします。

急きょ人ごみに行くことになったのですが、マスクを持っていなくて、コンビニで買ったんです。
インフルエンザが流行している時期ですからね。

内側ガーゼの肌に優しそうなやつだったんですけど。
それが、合わなかったのかもしれません。

皮膚科へ

とりあえずかゆみがひどいので、かかりつけの皮膚科へ。
花粉の時期など、肌がかぶれた時にいつもお世話になっています。

症状を見て、何か合わない化粧品とか変わったことした?と聞かれたので、思い当たる原因を説明して、お薬を処方してもらいました。

ひどい時に出してもらうステロイド。
お顔に使うため、ステロイドの中でも弱い「キンダベート」というものです。

注意点として必ず守るように言われたこと

  • ニキビのあるところにはつけない
  • 使用は、4~5日を限度とする
  • 痒くて赤いところだけつける
  • 夜だけの使用
  • 目の周りは避ける
  • それでも治らなければ必ず受診すること
ステロイドに関しては、医師の間でもネットでも賛否両論ありますが、私は、ひどい時は使うことにしています。
痒みや痛みを我慢して悪化させるリスクより、ステロイドを正しく使用したほうが良いと思っているからです。

かかりつけの医師も、弱いステロイドで副作用が出ることはほぼないが、ステロイドは、肌の免疫力を低下させる事がある。
効果がないからと、ダラダラつけるのが一番よくないとおっしゃいます。

ステロイドについては、こちらの皮膚科のサイトが分かりやすく丁寧に書かれていますので、使用に不安や疑問のある方は、目を通されてみると良いかと思います。

参考 ステロイド外用薬の作用と副作用大木皮膚科HP

さっそくその日の夜から使用し始めました。

2日目


2日目にしてもう赤みが引き始めています。
でも、まだ痒みと赤み、毛穴の炎症のようなものがみられる状態。

ちなみに昨日から、メイク、日焼け止めは一切しない、洗顔も水のみで過ごしています。

3日目


少しずつ赤みは良くなったものの、敏感な状態からは抜け出せず。
薬で炎症を抑えているだけなので、食生活、生活習慣にも気を付けます。

4日目


毛穴のボツボツとニキビっぽいのと気になりますが、さわって痛いようなニキビじゃなければ大丈夫と言われたので、そのまま薬使用中。
ちなみに朝の保湿は、乾燥するところのみワセリンを使用しています。

5日目


痒みはだいぶ引いてきましたが、約束の5日目が来たので、念のためもう一度皮膚科へ。

状態は良くなっているとのことで一安心。
痒みがないのであれば、もう薬を使用しなくて良いそうです。

まだ気になるところはありますが、ダラダラ使うのも良くなさそうなので、思い切って中止します。

また繰り返したり、薬をやめて再発するようであれば、自己判断で残った薬を使用せず、必ず受診するように念を押されて帰ってきました。

ステロイドで1番危険なのが、強い薬を自己判断で使い続けることだそうです。
今は薬局でも、強いステロイドが簡単に手に入りますから、知らずに使い続けている人もいるのだとか。

セルフメディケーション…難しい問題ですよね。

6日目


まだ毛穴の赤み、つまりが見えますが、薬なしでも悪化はしてないのでこのまま様子見。

7日目


痒みはほぼなくなり、赤みもほとんど気にならなくなりました。
まだ、小鼻あたりは特に気になりますが、時間をかけて治していきたいと思います。

しばらくは、化粧もマスクもやめて、刺激しないように気を付けるしかないかな。

まとめ

今回は、久しぶりの肌荒れという事でかなり焦りましたが、早く治ってよかったです。

肌断食で肌が強くなったからと、油断したことに反省。
持って生まれた肌質や、アレルギーなどのリスクは変わらないという事を、もう一度しっかり頭に入れておかなければなりませんね。

でも、肌断食を始めて、肌が荒れてしまった原因も分かりやすくなりましたし、化粧品で治そうとか無理なことを考えなくなってよかったです。
昔の私なら、新しい洗顔買って、医師開発のコスメやら敏感肌用やら買いあさってたと思いますから。

皮膚の病気は、専門の医師に診てもらうのが一番です。
お医者様との相性とか、患者おもいの先生に出会えるかが重要なポイントにはなってしまいますが…。

それは、皮膚科にかぎらずどこの医者でもありますよね。

冬から春にかけてが、1番肌荒れが起きやすくなる季節だそうですので、皆様もお気を付けくださいませ。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

2 Comments

みほ

保湿はした方がいいですよ。保湿をしなかった期間分、取り返しのつかないことになります。見ていても特に綺麗になってるとは思えません。何事も程々が良いかと思います。

返信する
美肌夢子

ご忠告ありがとうございます。
綺麗になっているように見えないかもしれませんが、私の中では効果を感じていますし、合わない化粧品をやめただけで一応保湿もワセリンでしておりますので、これでも昔に比べれば安定しているのです(^^;)

また何かありましたらご指導よろしくお願い致します。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です