肌の水分量にも関係あり!かくれ脱水にご用心

人間の体の約60%は水分。
そのうちわずか1%が失われただけで、体に何らかの不調が起こってしまいます。

脱水というと「熱中症」を思い浮かべる人が多いですが、気づかないうちに「かくれ脱水」という脱水症状の一歩手前の状態があります。

たくさん汗をかいたわけでもなく、水分も取っているのに体に足りていない状態。

体がだるい、疲れやすい、眠い、のどが渇きやすい、食欲がない、などの不調はもちろんのこと、お肌を乾燥させ肌荒れの原因にもなってしまいます。

私も、あまり水分をとらないタイプでした。

以前の1日の水分摂取量

朝ご飯にコーヒー1杯

お昼を食べ終わってお水をコップ半分

3時の休憩にジュースかコーヒー1杯

夕飯の時にお水コップ1杯

寝る前にペットボトル半分

たったこれだけでした。
全然足りていませんよね。

これでもまだいい方で、ご飯を食べる時になにも飲まない事も多々あり。
喉が渇いたというのを感じないタイプなのか、1日何も飲まなくても平気だったりしました。

完全なかくれ脱水です。
夏に熱中症で倒れたこともあります。

その後、肌断食を始めて体の内面にも目を向けはじめ、もっと水分を取ろうと意識するようになりました。

水分を取らなかった時は、常に体はだるかったり、疲れや眠気、脳貧血、むくみ、暑くても汗をかけなくてのぼせやすいなど、体の不調も結構ありました。

脱水になる一歩手前の症状です。

こまめに水分を取るようにしてから、体調も良くなりましたし、お肌の調子も良いです。
今は授乳中なので、より多めな水分摂取を心がけています。

1日にどのくらい水分を取ったらよいかや水分の取り方なども過去に記事にしていますので、ご参考になれば幸いです。

うるおい肌になるために必要な1日の水分摂取量

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です