肌断食本【化粧品に頼らない素肌美人のつくりかた】

P6300038.jpg
新しい肌断食本を購入してきました。
6月19日に発売されたばかりの新刊化粧品に頼らない素肌美人のつくりかた
白金ビューティフルエイジングクリニック院長山口麻子先生著。
この方は、私が一番参考にさせていただいている宇津木式スキンケアの宇津木龍一先生と同じ、医学センターにいらっしゃった方なので、肌断食のやり方も宇津木式と同じです。
なので本の内容も似たようなものになっていますが、女性目線のメッセージ性を感じました。
宇津木龍一先生の本を読んだことがある方は、大体知っている内容になってしまうかもしれませんが、新たな情報もありますので、読んでおいて損は無いと思います。
中でも特に気になった内容をひとつだけご紹介します。
「ミネラルファンデ―ションは石けんでは落ちない」
使用している方にとっては、驚愕の事実だと思います。
クリニックの治療の前にメイクを落としてもらう際、ミネラルファンデーションを使っている方は、石けん洗顔をした後もミネラルや金属が残ってしまっているそうです。
自分ではちゃんと落とせているつもりでも、角質層に入り込み翌日、翌々日まで残ってしまうこともあるそうです。
中には、ポリマーやシリコーン、界面活性剤を使用しているものもあり、それらが残ったままだと肌の赤みや毛穴の炎症が悪化する原因となります。
私は、ミネラルファンデーションで肌荒れしたので、なるほどと思いました。
金属アレルギーを持っているのに、肌に金属をずっと残していることになっていたのですね。
私の場合敏感なので、塗った日の昼頃には反応していましたけど、ミネラルファンデーションを使い始めて肌の調子が悪い場合は、アレルギーや落としきれていないことを疑ってみるといいかもしれません。
ミネラルファンデーションは肌に優しいことを売りにした商品。
天然のものだから肌に優しい、24時間つけていてもOKなど、とてもよさそうに聞こえますが、自分で見極める目を持って、キャッチコピーに踊らされないようにしましょう。
ミネラルというのが問題なので、普通のパウダーファンデーションやフェイスパウダーなら、石けんで十分落ちます。
私も現在使っているアクセーヌのファンデーションは石けんのみで落としています。
しっかり落ちているか実験してたこともあるので、よろしければご覧になってみて下さい↓

関連記事:肌断食流『石けんだけでメイクを落とす方法』
他にも本書には、肌断食の基本的なこと、湯シャン、体のケア、生活習慣のお話など、参考になる内容でした。
イラスト等は一切なく文章のみですが、活字が苦手な方でも読みやすいので、参考にしてみて下さい。
私もこんな美しい40代目指して頑張ります。

1 Comment

美肌夢子

PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
コメントありがとうございます。
お話できて嬉しいです。
私が使っているのは、ソフトタッチパウダーファンデーションというものです。
フェイスパウダーだけの時もあります。
よろしければこちらご覧になってみてください。
http://hadadanjiki.jp/blog-entry-64.html?sp
ASVC35は、接触性皮膚科学でも紹介されているものですよね。
私は、まずは肌の回復に専念したいので使っておりません。今のところ、やり過ぎてしまった肌を休ませることを重視しています(^_^)
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
さっそくご紹介した本を読んでいただけて嬉しいです。
山口麻子さん、素敵な方ですよね。
ASVC35の件については、お役に立てずすみません。
バリア機能が整っていない肌は、少しのことでも刺激になってしまうので、ゆっくりいきましょう。
特にビタミンCは乾燥するので、様子を見ながらやってみて下さいね。
また何かありましたら、いつでもコメント下さい(*^^*)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です