久しぶりに化粧品で肌荒れ…その症状とは

久しぶりにやってしまいました。
化粧品かぶれ。

1か月前くらいの話ですが、その時の一部始終をお話したいと思います。

洗顔石鹸で化粧品かぶれ

私がかぶれてしまったのは、液体の洗顔石鹸です。

商品名は伏せさせていただきますが、固形と液体の2種類の石けんを取り扱うメーカーのもので、その液体タイプを始めて使ったところ症状が出ました。

某サイトで石けん系にしては成分が良いと評価されていたので、試しに使ってみようとしたのが間違いでした。

化粧品かぶれの症状

画質が悪くてすみません。
全体的に肌が赤みを帯び、カサカサと毛羽立っているような状態です。

さわると肌はかたくゴワゴワ。
頬と小鼻やあごの部分には痒みもありました。

マイクロスコープで見てみると、角質がめくれあがっているのが分かります。

洗顔してすぐは何ともなかったのですが、1時間くらいしてからなんだか肌がピリピリムズムズ。
おかしいなと思いつつも寝て、朝起きたらこんな状態になっていました。

アレルギー体質、何度も化粧品にかぶれたことがあるのに、新しいものに安易に手を出したことを反省。
同じ石けんでも、合う合わないあるんですね。

化粧品かぶれは皮膚科へ

こうなってしまうともう自分ではどうにもできず。
というか私の場合はかゆみが耐えられかったので、すぐに皮膚科に行きました。

出された薬は、弱いステロイド。
これを4日間痒い所だけに塗って様子を見ることになりました。

お医者様からは、絶対にダラダラ使用しない事。
塗るのを止めたらまた勝手に薬を使用せず、必ず再診する事。

上記2点を念押しされ帰ってきました。
幸い4日でかゆみと赤みは引きましたので、それで治療終了です。

ひどくならず良かったです。
残った石けんどうしようか、玄関タイルでも洗うかな。

久しぶりに反省、やってしまったと思った事件でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です