一発で肌荒れしてしまうNGお手入れ

肌断食の目標の一つ。
どんな事をしてしまったら、お肌が荒れてしまうのかを知ること。

ただ化粧品をやめたらきれいになれるかと言ったら、それだけでは難しいこともあります。

その時の自分の肌にどんな方法が合って、肌荒れの原因になるものは何なのか。
肌断食をしていると、だんだんとわかるようになってきます。

肌荒れしてしまうNGお手入れ

肌断食を始めて2年以上。
最近、確信したことがあります。

それは…。

絶対にお風呂で顔を洗ってはいけないという事。

厳密にいうと、熱いお湯で洗顔してはいけないということです。

湯船で顔を濡らしたり、シャワーで流したりするだけで、入浴後鏡をみると、頬やおでこの部分など赤みが出てかゆくなったりすることがあります。

疲れたからシャワーでクレンジングして洗顔しちゃえばいいや~、なんてしちゃった日は、もう最悪でした。
まわりから心配されるくらいまだらに赤くなります。

温かいお湯で洗うと、必要以上に皮脂が流されてしまいお肌は丸裸の状態に。
うるおいはどんどん逃げ出し、刺激を受けやすくなってしまいます。

お湯で食器洗いすると、手が荒れやすくなるのと同じで、せっけんなどの刺激にも反応しやすくなってしまうそうです。

極端な話、蒸気だけでも肌は乾燥してしまうため、お風呂に入るということだけで乾燥しやすい状況になる。
冷え性などには良い半身浴も、お肌のためには逆効果ということでしょう。

私は、元々アトピーで肌が弱く、乾燥しやすいため、より影響を受けやすいのかもしれません。

そのことが分かってから、私が実行していること。

洗顔は、洗面所で水に近いお湯で洗う

お風呂では、一滴も顔を濡らさないように気をつける

この2つを気をつけるようになってから、洗顔後に肌荒れすることがなくなっていきました。

冬場は寒いので、イメージとしては、夏のお水の温度くらい。
冷たすぎないお水にしています。

[alert title=”注意”]実行する場合、シャンプーやトリートメントの洗い残しには気を付けてくださいね[/alert]

ちなみにこれは私の場合であって、あくまでも自分に合った洗顔方法を見つけるというのが重要なポイントです。

皆様も、自分のNGお手入れ方法が見つかりますように。
自分のお肌と向き合うと、肌断食がぐっと楽しくなりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です