冬のあったかアイテムは肌荒れに要注意!

冬の必需品といえば、マフラーやコートなどのあったかアイテム。
とても暖かくて便利なものですが、
気を付けないと、肌荒れの原因になってしまいます。
ここ最近急に寒くなってきたので
お出かけするときにモコモコ系のマフラーをしたら
その日の夜には、あごにポツポツできてしまいました。
なんか痒いなーと思った時にはもう遅いのよね…。
相変わらず反応の早いお肌です。
PC020526.jpg
かといって防寒しないと死んでしまうし(-_-;)
肌荒れせずに寒い冬を乗り切るために
あったかアイテムと肌荒れについて徹底的に調べてみました!
冬になるとフェイスラインが肌荒れしやすい人は
下記の事を参考にしてみてくださいね。
アイテムで気を付けた方がいいもの
■身に着ける物編
マフラー、ストール、コートの襟、タートルネック…など
まず第一に、こすれる刺激。
どれも首周りをあたためる物なので、
動いたりすると、どうしてもフェイスラインとこすれてしまいます。
チクチクするような素材のものは避けた方がよいです。
さらに、コートなどは頻繁に洗ったりしないので
ファンデーションなどがついて、雑菌が繁殖している可能性もあります。
ただし、クリーニングに出したからといって安心しないように。
クリーニング店の洗剤や柔軟剤で肌荒れする場合もあるので
詳しくは「何もつけない」美肌術で書かれています。
コート類は、なるべく肌に触れないようにしましょう。
首周りの防寒をするなら、肌に優しい素材がベスト。
コットンとか、こんな感じのガーゼ素材のものとかで
大判サイズのものをコートの上から巻くといいかもしれませんね。

■寝具などのアイテム編
身に着ける物とともに、気を付けたいのが寝具。
毛布や布団、枕カバーなどのお顔に触れるもの。

夏のタオルケットなどの薄手なものは、こまめに洗えるけど、
冬は日照時間も短いので、なかなか乾かなくなってしまうから
毛布や布団はそんな頻繁に洗えないですよね。
なので、夏よりは寝具による肌荒れの可能性が増えます。
寒いから布団にもぐりたくもなりますしね。
枕カバーは、冬でもこまめに洗えると思うので
布団や毛布についての対策を考えてみました。
検索してみると、衿の汚れを防止するようなアイテムが色々ありますね。
こんな感じに布団に装着して汚れを防止するもの。

ベルメゾンの布団・毛布兼用あったか襟カバー
フワフワしているからあったかそうだなぁ。
最近ハマっているフェリシモにもありました♪
デザイン的にはこっちの方がかわいいかも。

フェリシモ 【初回お試し】眠りへいざなうリンデンフラワー ふかふか衿カバーの会(3回限定コレクション)
バリア機能の弱い肌は、ちょっとしたことでも刺激になりがち。
肌断食は肌を育てるのがメインなので
少しでも刺激を与えないように、
今年からこういったアイテムを投入しようと思います。
お肌に優しく寒い冬を乗り切りたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です