肌断食の新しい本が出ました「何もつけない」美肌ケア

久しぶりに新しい肌断食の本を買いました。
2015-11-06_0834.jpg
今年の11月に発売されたばかりの本。
10万円のクリームより効く「何もつけない」美肌ケア
著者は、皮膚科医としてスキンケア指導をしている池田大志先生です。
患者さんの診察をしていくうちに気づいたことから肌断食を推奨しています。
それは、肌のかゆみや肌荒れなどのトラブルで皮膚科を受診するのは女性ばかりということ。
「化粧品を多く使っている人ほど肌が汚く、化粧品を使わない人ほどすっぴんがキレイ」という事実です。
そして、化粧品で肌荒れをしている人ほど、肌の調子が悪いと良い化粧品を探そうとすること。
ちなみに私も肌断食を始める前は、そんな状態でした。
化粧品で肌荒れしてしまったとは疑わず、たまたま合わなかった、もっといい化粧品があるはず、効き目が足りないと化粧品を買いあさるコスメジプシーへとなっていったです。
そんな私を救ってくれたのが肌断食。
まさに10万円のクリームよりも効く方法でした。
化粧品とアレルギーは紙一重です。
色んなものを使えば使うほど肌はリスクにさらされるということを忘れないでください。
池田式肌断食の特徴
本の中で肌断食という言葉は使われていないのですが、内容はまさしく肌断食なので「池田式肌断食」と呼ばせていただきます。
まず一番重要なことは、基礎化粧品をすべてやめるということ。
基礎化粧品とは、クレンジングから始まり乳液やクリームなど、お肌の手入れをするためのすべてのアイテムの事を言います。
無添加洗顔石鹸の使用も不可。
もちろん湯シャンも推奨。
一見ものすごくストイックな肌断食に思えますが、ご安心を。
メイクに関しては、特別な日には思いっきり化粧を楽しんでよいそうです。
その時は、何を使ってもどんなメイクをしてもOK。
その日に限ってクレンジングも使用可です。
特別な日にオシャレを楽しむことは、女性にとって大切だとおっしゃっています。
肌のことばかり考えて生活するのは正直とても大変ですから。
たまには息抜きも必要ですね。
その他、本の中では肌のバリア機能を壊す行為やアトピー、子供のスキンケアなどについても詳しく書かれています。
お子様のアトピーに悩む方にもためになるのではないでしょうか。
最後には、実際に肌断食をされた方の症例なども紹介されていますので参考になります。
肌断食を広めた同じく皮膚科医の宇津木龍一先生に続き、化粧品をやめることの大切さを訴える本が増えるのはとても嬉しいです。
だけど、こういったマニアックな本はあまり書店に置いてないんですよね。
有名な宇津木式スキンケアの本ですら目立たないところにひっそりと置いてあります。
この本も発売日に探しに行ったけど見つからなかったので結局ネットで買いました。
書店で美容本を探しに来た人と肌断食の出会いのきっかけになるように、もっと目に留まるような位置に並んだらいいのに。
高価な化粧品を買って損するよりも、1300円のこの本を手に取ってほしいです。

2 COMMENTS

しー

PASS: 989c71b8ddc8e31d638ad4c8620c790e
夢子さんこんにちは(*^_^*)
とても興味深い本ですね!
時にクレンジングも使えるやり方、良いですね。バッチリメイクしたい日やお祝い事で濃い化粧をしないといけない日などもありますからね(*^o^*)
昨日、平野さん著者の肌断食という本を買いました。まだ届いていませんが( ^ ^ )
夢子さんのブログで紹介されたもの、とても興味深い物ばかりでちょくちょく購入しています(笑)
この前買った泡立て器、とても気に入りました!
シャンプーも泡立ててから頭にのせています。薄毛や抜け毛が改善されたら良いなあと思います(^^;)
肌は相変わらず角栓の嵐ですが、脱出できるように頑張ります。
更新楽しみにしてます♪

返信する
美肌夢子

PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
しーさんお久しぶりです(*^^*)
最近は肌断食の本がふえてきて嬉しいです。
とはいってもまだまだ他の美容関係の本に比べると少ないですが。
それぞれ色々なやり方があって面白いなーと思います。
平野さんの本もとても面白いですよ(*^^*)
ぜひ読んだら感想聞かせてください。
泡だて器届いたんですね!
私もシャンプー泡泡していますがとっても気持ちがいいですよね~
私の自信を持っておすすめできる一品。
これつかっちゃうともう泡立てネットには戻れませんよね。
肌断食アイテムについてお話しできてうれしいです(*^^*)
これでますますしーさんの肌断食が快適になりますように。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です