肌荒れ・ニキビをストレスのせいにしない

ストレスは肌に悪い?
097573.jpg
「ストレスのせいで肌荒れしている」
「ストレスのせいでニキビが治らない」

あなたの肌荒れやニキビはストレスのせいだと言われたことはありませんか?
言われると何かしら思い当たるところがあったりして、「そうか、なるほど~」と納得してしまいたくなるセリフですよね。
でも、納得する前によく考えてみてください。
そもそもストレスの全くない人なんて、この世に存在するのでしょうか?
現代社会に生きていれば、毎日ストレスを感じることはあるはずです。
人間関係、仕事、学校、家庭など、イライラしたり悩んだりすることもあるでしょうし、実感はしにくいですが、気温が暑い寒いも体にとってはストレスです。
確かに胃潰瘍やうつ病、自律神経失調症など、ストレスが原因で発症する病気もあります。
しかし、すべてをストレスのせいにするのはいかがなものでしょうか。
肌荒れ・ニキビの原因
105768.jpg
自分の肌荒れやニキビはストレスがあるから仕方ないとあきらめる前に、もう一度見直してみて欲しいことがあります。
ストレスよりも間違ったお手入れと生活習慣の方が大きな原因になっているはずです。
まず第一に間違ったお手入れをやめること。
洗いすぎ、こすりすぎ、保湿しすぎ…。
肌荒れが気になると、つい色々やりたくなってしまいますが、間違ったお手入れならやらない方がマシです。
自分がどんなスキンケアをしているか、よく観察してみましょう。
また、食生活や生活習慣も大きな問題です。
偏った食生活や、イライラして暴飲暴食したり、甘いものばかり食べてしまったり。
悩み事があって夜眠れなかったり、睡眠不足になっていませんか?
ストレスそのものではなく、ストレスが原因で引き起こしている生活習慣が問題になっているかもしれません。
他にも運動不足、顔を触るクセなどがないか、よく見直してみて下さい。
ストレスも肌荒れの原因の一つになりうる可能性はありますが、すべてをストレスのせいにする前に、他の可能性も疑ってみましょう。
ストレスのせいで肌荒れしているかも、私はストレスが溜まっているんだ、そんな風に毎日考えてしまうと、さらにストレスのループへにまってしまいます。
肌荒れと関係なかったのに、ストレスで体調を崩してしまっては元も子もありません。
ストレスを無くすことは無理でも、なるべくおおらかな気持ちで過ごすことが、美と健康の秘訣かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です