ニキビ発生から3日目の様子

あごニキビができてから3日…
大きかったニキビが小さく目立たなくなってきました。
P4180061.jpg
ちなみに、できた当初の写真がこちら。
P4150030.jpg
もっと詳しい写真は、肌断食の記録227日目にアップしています。
何となく小さくなったのが分かるでしょうか?
マイクロスコープで見るともっと分かりやすいかな
(左after・右before)
0418nikibi.jpg0415nikibi.jpg
肌全体の赤みが減って、ニキビの部分が枯れてきています。
ファンデーション塗らない、ぬるま湯洗顔、ワセリンも何もつけないようにしていました。
お肌に優しいとされるワセリンでも結局は油分なので、ニキビの部分につけてしまうと悪化してしまうことがあります。
特に、赤く炎症のあるニキビは気をつけないと跡が残ってしまうことも。
とにかく触らない、何もつけないことがニキビが早く治る近道です。
ニキビはお肌の炎症でケガのようなものですから、何かをつけるという事が刺激になってしまいます。
以前は、ニキビが出来たら病院で薬をもらったり、色々な化粧品を次から次へと使っていましたが、結局ニキビは治りませんでした。
今は、お肌の自分で治ろうとする力に身を任せています。
肌断食を始めてバリア機能が整ってきたおかげで、確実にお肌が強くなったので治りも早く感じます。
ニキビが出来るという事は、体のどこかが不調のサイン。
揺らがない肌になるために、体質改善にも力を入れていこうと思います。
関連記事:化粧品に頼らずニキビを治す方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です