うるおい肌になるために必要な1日の水分摂取量

水分たっぷりうるおいのある肌になるためには、水分摂取が必要不可欠。
一般的な成人の60%が水分と言われるくらい体になくてはならないものです。
以前「保湿化粧水の真実」でお話したとおり、化粧品で肌の水分を補給することは不可能。
むしろ、肌の乾燥を招く原因になります。
肌や体に水分をいきわたらせるためには、水を飲むことが一番効果的。
体の中の水分が不足すると、舌→目→肌→内臓の順に乾いてきます。
肌のうるおいを保つためには、喉の渇きを感じたらこまめな水分補給が大切です。
1日に必要な水分摂取量
333a7013072542f4c84ef29684d83e07_s.jpg
1日に必要な水分摂取量は、体重1㎏あたり25~50㏄
例えば、体重45㎏の人であれば、1.12~2.25リットルになります。
水分はお水だけでなく食事からも摂取しているため、計算通りではなく少なめでかまいません。
お米や野菜などの水分、汁ものなどの食事から1日1リットル前後摂取できるといわれていますので、半分は食事から、もう半分はお水を飲むように調節するとよいでしょう。
飲みすぎた場合尿として排出されますが、同時にナトリウムやクロール、カリウムなどの電解質も同時に排出されてしまうため必要以上に飲みすぎてしまう事の無いように。
夏に水ばかり飲んでいても熱中症になってしまうのも、水の飲みすぎで電解質のバランスが崩れ、自発的脱水になってしまうことが一つの原因です。
水をたくさん飲めば体がキレイになるというのは間違いで、取りすぎは「水毒」と呼ばれます。
「水毒」については、「水毒をためない人は美しい」美肌になる体質改善方法で詳しく書いていますので、よろしければ合わせてご覧になってみて下さい。
水を飲む時のポイント
■一度にたくさん飲むと、体に吸収されずに排出されてしまうので、こまめに少量ずつ取るように
■冷たい水は避け、常温かあたたかいものを
■コーヒー、お茶、紅茶などのカフェインは利尿作用があるため飲みすぎない
以上のことに気を付けて水分を上手に摂取しましょう。
私は、基本的に白湯を飲んでいますが、たまに気分転換にお茶やハーブティを飲みます。
最近のお気に入りは、こちらの2点。
有機JASオーガニック・ルイボスティー なごみ 80個入
2015-10-15_0772.jpg
美容に良いノンカフェインのお茶として有名なルイボスティー。
ポリフェノールやミネラルがたっぷりです。
クセがなく飲みやすいので、ルイボスティー初心者の方にもおすすめ。
なにより安くていっぱい入っているのが嬉しい。
オルビス ハトムギ美選茶
2015-08-31_0132.jpg
韃靼そばの味が美味しくて何個もリピートしました。
なのに、最近廃盤になったという悲しいお知らせが…。
悲しすぎます。
リニューアル品としてルイボス美巡茶というのが新発売になったみたいなので、今度はそちらを買ってみます。
皆様もお気に入りの飲み物を見つけて、素敵なティータイムを楽しみながらうるおい肌を目指してくださいね。
くれぐれも水分不足と水分の取りすぎにはご注意を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です