化粧品販売の真実と罠

化粧品を買いに行くのは好きですか?

スキンケアやメイクをする人にとって、楽しみの1つだったりするのではないでしょうか。

ただ、もしもあれこれ本当は必要のない化粧品を買ってばかりいるとしたら…。
今日の話を最後まで読んでみて欲しいのです。

私も化粧品売り場大好きです。

肌断食を初めてから、使う機会は減りましたが、メイクはしますし、新しいコスメを見ると心がウキウキします。

化粧品売り場、特にデパートや百貨店のようなところには、必ず美容部員さんがいます。
今は、ビューティーアドバイザーというのかな。
以下BAさんと呼ばせていただきます。

みなさんメイクもバッチリされて、輝いて見えますよね。

そんなBAさんからアドバイスを熱心に受ける人、話しかけられるのが嫌な人。
色々いらっしゃるとは思いますが、もし化粧品を勧められて買うことがある場合は、一度よく考えてみて欲しいのです。

私も一応同じ業界にいた人間として、お伝えしておきたいことがあります。

自分で自分の肌を守れるお客様になって欲しいということ。

BAさんに化粧品のいいところを説明されたりすると、思わず買ってしまいたくなる気持ち、よーく分かります。
雑誌におすすめと書いてあったり、ある程度化粧品が好きで詳しいとなおさら。

ただ、本当にそれが自分に必要なのか。
今までも買ってみたけど効果がよく分からなかったもの、たくさんあったのではないでしょうか?

BAさんは営業職。

会社にもよりますが、ノルマもあったりしますし、実際にはキャンペーンや新発売で売り出したいものをおすすめする場合もあります。

こんなお客様には、こう言うと買ってくれやすいとか、季節によって必要な化粧品のこととか、このままお手入れしないと肌がどうなってしまうか脅しのようなものとか…。
セールストークというものが存在します。

酷いと肌が弱っているのに、ピーリング系の化粧品をおすすめしたりされることもあって驚きです。
使ったら余計肌荒れるのが目に見えているのに。

もちろん、熱心に勉強されて本当にお客様に必要なものをおすすめしてくれるBAさんもいらっしゃるでしょうが、そんな人に巡り会える可能性はなかなか低いです。

一応同業者でしたので、少しお話するとその人が本当にお客様の肌のことを考えているのか、セールストークしてきてるなとか、勉強会で教わったことそのまま伝えてきてるなとか分かります。

その勉強会が、まず化粧品の素晴らしさとセールストークについての勉強会なのだから、ある意味BAさんも被害者なのかもしれないですけど。

でも、そこで買いたくなってしまうのは、やっぱり普段から化粧品は、必ず肌にいいものという思い込みが出来上がっているからなのでしょうね。

例えば、健康食品のお店で怪しいお茶出されて「これ飲んだら健康になれますよ」「肌も綺麗になります」なんて言われたら、胡散臭って思うのに、どうして化粧品だと信じちゃうんでしょうね。

お茶石鹸や白斑被害など、重大な被害もあったのに。

私は肌断食していますが、スキンケアすることが悪いことだとは思ってません。
使っていて肌に合っているなら何の問題もないと思います。

化粧品を買ったり使ったりすることが、ストレス発散になる気持ちもよく分かります。

ただ、本当に必要なものだけ買えているのか、今持ってるコスメを全部並べてみて、向き合ってみるのもいいかもしれません。

買うときも全部鵜呑みにするのではなくて、勧められて少しでも疑問に思ったら、バンバン質問して欲しいのです。
サンプルだけもらって帰ったって全部問題ありません。

自分の肌は自分で守るしかないのです。

どうか、賢いお客様になって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です