ベビー用化粧品だから肌に優しいは間違い!

082927.jpg
ベビー用化粧品は肌に優しい?
ベビー用と聞くと、とてもお肌に優しいイメージを持ちませんか?
赤ちゃんの肌でも使えるというと、とても刺激が弱そうに感じますね。
最近では、そのイメージから大人でもベビー用の化粧品を使う人が増えてきました。
しかし、実際は赤ちゃん用だから肌に優しいのは間違いです!
実際に「ベビー用」で検索してみると、肌に優しい○○とか色々な化粧品が出てきますが、成分を見てみると刺激の強い成分がたっぷり配合されていたりします。
ベビー用でも肌のバリア機能を壊す、界面活性剤や殺菌剤、防腐剤などは含まれていることがあります。
私の友人の子供も、ベビー用の石けんで肌荒れしてしまったことがありました。
その時医師に、赤ちゃん用でもかぶれることはあると言われ、ベビー用なら肌に優しいと思い込んでいた友人は、すごく驚いたそうです。
肌断食の宇津木先生は、赤ちゃんは、毎日シャンプーやボディソープを使わなきゃいけないほど汚れていなから、ほとんど室内やお散歩程度の外出なら、一生懸命洗う必要はないとおっしゃっていますし、
お肌だって何もしなくてもプリプリなんだから、保湿する必要なんてありません。
親の清潔にしなければいけないという思い込みを、子供にあてはめてしまっていることに問題があるそうです。
子供のころから大切な皮脂を奪い、それで乾燥するからとクリームを塗るという悪循環を作り出さないであげて下さい。
ベビー用化粧品についての宇津木先生のコメントは、こちらの本に書いてあります。

化粧品を使わず美肌になる!

宇津木 龍一 主婦と生活社 2013-11-15
売り上げランキング : 22438

by ヨメレバ

 

そして、最近では除菌グッズの使いすぎも問題になっています。
124745.jpg
子供がかわいいあまり、神経質になりすぎてしまうのも分かりますが、
除菌スプレーや除菌ティッシュなどの使いすぎには気を付けたほうが良いそうです。
除菌グッズの使いすぎは、菌に弱い体をつくり免疫力を低下させてしまいます。
さらに、赤ちゃんはまだ皮膚のバリア機能が完成していないので、防腐剤や界面活性剤の影響も受けやすい状態なので、大人よりも使用に注意しなければなりません。
私が、先日スーパーに行った時に、除菌ティッシュを使ってレンタルベビーカーを一生懸命拭いている夫婦がいて、
その後も「大丈夫かな?汚くないかな?」と話しているところを見てギョッとしました。
私からしたら、殺菌剤や抗菌剤まみれの乗せられている方がよっぽど可哀相だし、そんなに心配なら自分のベビーカーを持ってくればすむ話でしょう。
最近アレルギーや花粉症の子が増えているのは、こういった除菌グッズの影響もあるといわれています。
大人も子供も、必要な皮脂を落としすぎない体を守る常在菌のバランスを崩さないことが大切です。
本当の意味でのお肌に優しいを知り、キレイな肌と健康な体のを手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です