本当にキレイな肌は「しっとり」ではなく「サラサラ」が正解

188982.jpg
肌はしっとりしているのが正解というのは間違いです。
本当にいい状態の肌は、しっとりではなくサラサラ。

残念なことに保湿すればするほど、肌本来の機能は失われていきます。
そもそも肌は、吸収器官ではなく、排出器官。
化粧品が肌に吸収するという事はなく、浸透するというのも本来はありえません。
なぜなら肌のバリア機能が肌の奥に侵入するのを防いでいるからです。
このバリア機能は、肌のうるおいを守ってくれるものでもあります。
化粧品は成分を肌の深部へ届けるために、このバリア機能をあえて破壊して浸透させています。
そして、使い続ければ使い続けるほど、バリア機能の弱い刺激に弱い肌へとなっていくのです。
どんなに肌に良いというものを与えても、自分で守る力が無くなっていては本末転倒。
さらに、化粧品で常に肌を覆ってしまうという事は、肌の生まれ変わりが上手くできなくなってしまうことにもなりかねません。
肌は、ターンオーバーという肌の奥で作られたものが、約28日かけて表面に出てきて最後は角質となってはがれ落ちる生まれ変わりを繰り返しています。
なのに、いつも化粧品を使っていると、ターンオーバーができなくなり本来生まれ変わってはがれ落ちるべき角質がいつまでも肌表面に残ってしまうことになってしまいます。
化粧品でしっとり潤っているように見せかけている肌と、サラサラで自ら潤う力を持った健康な肌、どちらが本当にキレイな肌なのか、これを機会に考えてみてはいかがでしょうか。
肌断食をすると分かりますが、化粧品で肌がしっとりしてるのは本当はとても違和感のあるもの。
しっとりは、ベトベトして気持ち悪いという事に気づきます。
肌が呼吸できてないような、爪にマニキュアを塗って気持ち悪い感覚に似ています。
そもそも、顔が皮脂でベトベトになるのは嫌なのに、なぜ油たっぷりの化粧品は塗りたくるのでしょう。
考えてみるととても不思議ですよね。
世の中、肌はしっとりさせなければいけないというのが常識になっていて、ほとんどの女性が、肌に何種類も重ね付けているのが現状。
特に、空気が乾燥する冬になると、お店には保湿系のスキンケアがずらっと並びます。
「しっとり潤う」とか「高保湿」とか「濃厚なテクスチャー」とか。
CMでもテレビでも保湿保湿…って言っていますものね。
知らないうちに、それが当たり前なんだとすりこまれてしまっているような気がします。
考える暇もなく、お風呂に入ったり歯を磨いたりするのと同じようにスキンケアが習慣になっているはずです。
クレンジングや洗顔で肌のうるおいを根こそぎ奪って、化粧水やクリームを塗りたくる。
そんな偽りの肌から卒業しませんか?
肌に必要な皮脂やうるおいを奪わず、自らうるおいをキープできる肌を目指す。
これこそが本当に美肌になるための努力ではないでしょうか。
肌断食は、何歳から始めても遅くはありあません。
いきなりすべてを実行しなくても大丈夫です。
この記事を読んで、少しでも肌断食に興味を持っていただけたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です