落とせば落とすほど皮脂は増える

間違ったお手入れが脂性肌を作る

テカる、ベタベタする、脂取り紙が手放せない、大きなニキビができるなど、肌が脂っぽいのが悩みという方。
皮脂を落としすぎていませんか?保湿しすぎていませんか?
特に、スキンケアを始めてからひどくなった、熱心に洗顔をするようになってから脂っぽくなったという場合は、間違ったお手入れが原因が考えられます。
皮脂は落とせば落とすほど増える
皮脂が増える原因の一つは、洗顔のしすぎです。
美肌のためには、不要な汚れや皮脂を落とすことは重要ですが、問題なのは皮脂を落としすぎてしまう事。
皮脂は、悪者のように思われていますが、肌の健康を保つために大切な役割をしています。
皮脂を取りすぎると、足りない皮脂を補おうとして、皮脂の量が増え、皮脂腺も大きくなってしまいます。
すると、見た目は脂っぽいのに肌の内部はカラカラに乾燥した状態になります。
それに気づかずせっせと皮脂を落とすケアを続けると、さらに皮脂は増え続け、やってもやっても治らない「負のスパイラル」への道まっしぐら。
落としすぎることをやめれば、皮脂の分泌は自然と落ち着いてきます。
可能であれば、洗顔料をやめてぬるま湯のみの洗顔で様子を見てみて下さい。
関連記事:肌断食流「正しいぬるま湯洗顔のやり方」温度と洗い方
関連記事:クレンジングが肌を乾燥させる
関連記事:肌断食流『石けんだけでメイクを落とす方法』
保湿のしすぎで脂っぽい
肌が脂っぽくなるもう一つの原因として考えられるのは、保湿のしすぎ。
肌がしっとりするまで保湿しましょうというのが当たり前になっていますが、本当に健康できれいなお肌は、しっとりじゃなくてサラサラ。
油分が少ない方がお肌はきれいになります。
例えば、腕の内側は皮脂腺が少なく皮脂の量が少ないため、サラサラしてとてもきめ細かい肌をしているのが分かると思います。
反対に、顔は皮脂腺の多い部分になりますので、どうしても皮脂が多くなってしまいます。
それなのに油分を与え続けると、肌の上で酸化してニキビや毛穴の炎症、赤みなど、余計ベタベタになってしまうでしょう。
どうしても乾燥する場合は、酸化しにくくアレルギーのおこりにくいワセリンを少量つけるだけで大丈夫です。
この時も、決してつけすぎずにサラサラな状態を保てる程度にします。ベタベタするようならつけすぎです。
もう一度言いますが、健康なお肌はしっとりじゃなくてサラサラ。
間違った常識を忘れて、肌本来の美しさを取り戻してあげましょう。
関連記事:「ワセリンの選び方」精製度が高く高品質なものがベスト
関連記事:顔につけるワセリンの量は米粒1粒分が鉄則
関連記事:【ワセリンを長持ちさせる方法】使い方とお手入れの仕方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です