石けんでメイクは落ちる!クレンジングは美肌の敵

肌断食を始めて1番最初にやめるべきスキンケア
美肌の最大の敵、それはクレンジングです。
スキンケア用品の中で最も刺激が強いのがクレンジング
クレンジングにはメイクを落とすために、
大量の界面活性剤が入っています。
界面活性剤は、水と油を混ぜるためになくてはならないもの
メイクを浮かし、さっぱりと洗い上げるために使われます。
界面活性剤がないと普通のオイルと一緒で
いつまでもベタベタぬるぬるして洗い流せないので、
使用感を良くするという目的もあるのです。
例えるなら、台所用洗剤と一緒
これも油汚れをすっきりと落とすでしょ?
でも使いすぎると手が荒れてカサカサになります。
界面活性剤は、バリア機能を壊し角質をめくれあがらせてしまいます。
特にクレンジングは強力でめくれた角質がおさまるまで
最低でも3~4日かかると言われています。
そんな状態の後にダブル洗顔をして、さらに化粧品を塗り重ねたら…
行きつく先は少しの刺激でも反応してしまう弱いお肌に
クレンジングのタイプもオイルやクリーム、
ジェルやリキッド、ローションなど色々ありますが、
使用している量の差はあれど、基本的にすべてのものに入っています。
もちろんクリームなどの化粧品にも
スキンケアを全部やめられない人は、
1番刺激の強いクレンジングだけでも見直すべき!
メイクは石けんで落ちる
メイクがパウダーファンデーションやお粉だけなら
実はクレンジングは必要ありません。
石けんで十分落とせます!

ポイントメイクをした時は、事前にオリーブオイルでおとします。
過去記事:オリーブオイルを使ったポイントメイクの落としかた
詳しい石けんでメイク落としのやり方はこちら↓
肌断食流『石けんだけでメイクを落とす方法』
よろしければ参考にしてみて下さいね(*^^*)
参考までに私の普段のベースメイクは
ワセリンの上に直接パウダーファンデーションを塗って
油分の多いところに少しお粉を重ねるだけ。
最初はカバー力が物足りないかもしれませんが、
肌断食を進めるうちにお肌がキレイになってくるので、
隠したいところもなくなってきます。
化粧で完璧にカバーして落とす刺激でお肌を傷め続けるか
化粧を薄くしてお肌をいたわり育ててくか
どちらが良いかは一目瞭然ですね。
極論を言えば、ファンデーションを止めれば
落とす刺激がなくなって肌の回復も早くなるということですが、
いきなりファンデーションなしの生活は相当勇気が必要です。
家に引きこもるわけにもいかないですからね。
なので、なるべくお肌に負担をかけずに、
お肌を守ってあげることが大切になってきます。
でも、結婚式やデート、レジャーなど
バッチリメイクをしたい日もあるはず。
女子力たっぷりに気合を入れたい日もありますもんね。
そんな日はバッチリメイクして楽しんじゃいましょう♪
そのかわりなるべくお肌に優しいクレンジングを選ぶのを忘れずに!
過去記事:クレンジングの選び方

挫折しないためにもストイックになりすぎずストレスをためない程度に、
お肌に優しい生活を続けることが1番かと思います(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です