肌断食流『手荒れスパイラル』から脱出する方法

今の時期、手荒れに悩んでいる方多いのではないでしょうか?
冬は湿度が低下して、お湯をよく使うようになるので、
特に手荒れがひどくなりやすい季節です。
私も以前は、1年中手荒れに悩まされていました。
爪の周りはささくれだらけで、手の指には細かい水泡がたくさん
全体的に皮がむけて、痛くて痒くて仕方なかったです。
毎日皮膚科の薬が手放せず、
クリームにステロイドを重ねて、綿の手袋をして寝る毎日…
家族や友人にも心配されるほどでした。
それが今は何もつけなくても大丈夫になりました。
1年中全く荒れません。
友人にも本当に手がキレイになったね、とびっくりされます。
手荒れスパイラルから脱出する方法
■ハンドクリームをやめる
肌断食と同じくつけることを止めます。
ハンドクリームには、化粧品と同じく界面活性剤が入っています。
私は、荒れているところにハンドクリームをつけると、
しみたりしてさらに悪化する時もありました。
界面活性剤でバリア機能を壊してしまったら、
どんどん手荒れスパイラルにはまっていくでしょう。
また、せっかく肌断食をしているのに、
ハンドクリームを塗った手で顔を触ってしまったら意味がないですしね。
どうしてもカサカサしてしまうところは、ワセリンを少量つけます。
■熱いお湯を使わない
手洗いや食器洗いの時に暑い温度で洗っていませんか?
洗顔する時に、熱いお湯を使うと肌が乾燥してしまうのと同じで、
手も温度が高ければ高いほど乾燥してしまいます。
お湯を使う場合は、ぬるま湯にしましょう。
■洗剤の刺激に気を付ける
やはり手荒れの一番の原因といえば、食器洗いです。
一番いいのは洗剤を触らないように、ゴム手袋をすることですが
ゴムにアレルギーを起こしてしまう場合があるので、
綿手袋した上にゴム手袋を重ねるようにします。
手袋をするのがどうしても面倒くさいのであれば
洗剤を2~3倍に水で薄めたものを使うようにするだけでも違います。
洗い物が終わった後は、すすぎ残しがないようにしっかり手をゆすいでくださいね。
以上、私が手荒れスパイラル脱出のために実行したことです。
手が荒れているとシャンプーするのも辛いし、
顔を洗うときにも傷つけてしまいそうでストレスになってしまいますよね。
手荒れに悩んでいる方は、参考にしていただけたら嬉しいです。
ただし、あまりにもひどかったり、なかなか治らない場合は
菌が原因で手荒れをすることもあるので、
一度病院へ相談してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です