宇津木流スキンケアのやり方

肌断食をこれから始める人へ
今日は「宇津木式スキンケア」のやり方の基本
これから肌断食を始める人も、現在進行形の人も、
宇津木式スキンケアのやり方をおさらいしてみましょう。
大事なポイントは3つ
①つけない
化粧品はしっとりするように見せかけて、
肌のバリア機能を壊したり、大切な常在菌を殺してしまいます。
肌荒れして病院に行った時に
「治るまでは出来るだけメイクや化粧品は控えてくださいね。」
と言われるはず。
肌が回復するためには、何もつけないのが一番です。
②こすらない
肌の表面はたった0.02mm!
クレンジングやマッサージ、ピーリングなどをするたびに
肌のバリア機能ははがれ、乾燥してしまいます。
また強いマッサージはしわやしみの原因にもなります。
肌に触れる時はソフトに、豆腐を扱うような気持ちで触れましょう。
③洗いすぎない
クレンジングや洗顔料に含まれる界面活性剤は、
汚れを落とすのと同時に、肌の天然保湿成分までも落としてしまいます。
洗いすぎで肌荒れをおこしている人はとても多いです。
私も以前皮膚科で「顔の洗いすぎ!人は顔なんか洗わなくても死にはしないんだから。」
と、怒られたことがありました…。
一生懸命汚れを落とすことよりも、
肌を守ってあげることを意識しましょう。
ここまでが宇津木式スキンケアの基本です。
ただ、やってみて自分にはここをこうしたほうがよかった。とか
その人や環境に合ったやり方もあると思います。
例えば…
急には無理だから少しづつ。
今日はどうしても濃いメイクを落とさなければいけないから
クレンジングしようとか。
基本をベースに無理なく続けられることが美肌への近道。
自分なりのルールを決めておくと楽になります。
基本をベースにお肌と相談しながら行うのが1番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です