肌断食に失敗しないための心得


肌の悩みと肌断食

P8060866.jpg
肌断食を始めようと思ったという事は、何かしら肌のトラブルや悩みを抱えていて、それをどうにかしたくてたどり着いたという方がほとんどだと思います。もちろん私もそうですが、このブログに訪問して下さった方も、ニキビや肌荒れ、敏感肌、シミやシワ、肌の老化など、様々なお悩みがあることでしょう。
もしくは、肌断食に不安がある、せっかく始めたのに成果が出ない、という方もいらっしゃるでしょう。
肌断食は、正しく行えばとても効果の高いスキンケアです。
今日は、そんな不安を取り除いていただくために肌断食を失敗しないための心得をお話をしたいと思います。
肌断食を失敗しないために
d84489d915ccb663f95600f7e2a4724f_s.jpg
まず、肌断食の目的をしっかり知ることから始めましょう。
肌断食を簡単に説明すると、
化粧品の成分による刺激や、こすりすぎ、洗いすぎることの害によって弱ってしまった、バリア機能を回復させ、肌本来の機能を取り戻す美容法です。
最終的な結論を言えば、その人の持った肌本来の力を取り戻すのですから、万人に合う美容法といえます。
では、どうして失敗としまうのかというと…すばり、自分の肌を理解できていないからです。
世の中にありとあらゆる美容法があるように、肌断食に関しても色々な情報が飛び交っています。
そういったことに惑わされず、どのように肌断食を進めていくか、肌のコンディションを見ながら行っていくことが、きわめて重要になってきます。
私もこうしてブログで肌の記録を発信させていただいていますが、たくさんの方が肌断食の様子を発信されていて、肌が回復していく過程は、人によって様々。
色々情報を集めるのはとてもいいことなのですが、自分はどうなのか。その見極めが一番重要です。
もちろん、基本的な肌断食の基礎知識は、だれでも同じなので基本のやり方は守っていただいた方がいいです。
しかし、そのペースに関しては自分の肌に合わせて行ったほうがいいでしょう。
そもそも、肌断食にたどり着いた方は、真面目で人よりも熱心にスキンケアをされてきたはず。
顔なんか適当に洗うし、スキンケアなんて面倒だわ~。なんて人は肌断食しようなんて思わないでしょうから。
だからこそ、スキンケアを熱心にしてきたが故に、肌断食も熱心になりすぎてしまう方がいらっしゃいます。
絶対に洗顔してはいけないと聞いたら、何があっても二度と洗顔しない!とか、保湿はしてはいけないと聞いたら、絶対に何もつけない!とか…。
それってよく考えると、今まで洗顔で汚れをしっかり落としなさいと言われたから毎日一生懸命洗顔したり、保湿しないと乾燥するから保湿は絶対欠かさなかったりした時と、同じ事なのではないでしょうか。
早く成果を出したい気持ちも良く分かりますが、そんなに自分を規制しなくてもいいんです。
確かに良くなるまでは、少し我慢しなきゃいけないところや悪化してしまう部分もあるかもしれません。
でも、明らかに乾燥していているのに我慢したり、垢が溜まっている状態なのに洗顔しないでいる必要はありません。
ルールを守ることよりも、お肌としっかり向き合うことが回復への近道になります。
スキンケアをしすぎで肌のバリア機能が乱れてしまったということは、自分の肌としっかり向き合えてなかったという事だと思います。もちろん私もその一人ですけどね。
真面目に頑張りすぎてしまって、お肌があげる悲鳴を、無視してしまっていたのです。
今までお肌も頑張ってきたのだから、優しい気持ちで見守ってあげてもいいのではないでしょうか?
肌断食に成功するために一番重要なことは、洗顔をやめる事でも何もつけない事でもありません。
しっかりとお肌と向き合って、その声をきちんと聞いてあげることです。

私も今までお肌を傷めつけてきてしまったことを反省し、今まで以上に愛情をもって接するようにしています。
最初のうちは、自分の肌が乾燥しているのか、脂っぽいのかすら分からないという方もいらっしゃるかもしれませんが、目で見て、手で触れて、今日はどうかな?昨日と比べてみて何か違うかな?と感じてみて下さい。
だんだんとその変化や肌の調子を感じ取れるようになってくるはずです。
どうしても分からない時は、マイクロスコープがあると分かりやすいかもしれません。
私も自分の感覚と、マイクロスコープで肌の変化を正確に感じ取れるようにしています。
肌トラブルは、『憎い敵』ではなく、体が悲鳴をあげているサインです。
他の誰でもない、あなたの肌ですから、あなた自身が一番の理解者になってあげてくださいね。
関連記事:お肌の状態をチェックできるマイクロスコープ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です