「フランス式洗顔」は日本人には不向き

「フランス式洗顔」とは
187447.jpg
「フランス式洗顔」とは、簡単に言うと石けんやお水で洗顔せず、クレンジングクリームでふき取るだけ。
石けんは肌の刺激になるから、クレンジングクリームで優しく浮かしてふき取りましょう。
これがフランスでは常識です。など、雑誌や広告などで言われ、日本でもブームになった洗顔方法です。
海外で常識といわれると、つい試したくなってしまう気持ちを上手く利用していましたね。
しかし、その結果どういうことが起きたかというと、毛穴の黒ずみやニキビなど、肌トラブルを訴える女性がふえたそうです。
なぜ、フランスの常識が日本に通用しないのか、その答えは水質の違いにあります。
フランスの水と日本の水
cd00592f6c3ade77c52c5300d7fcf57d_s.jpg
フランスは硬水、日本は軟水
なぜ水質が石けんと関係があるかというと、硬水は、石けんが泡立ちにくく、大量の石けんカスが発生しやすいという事。
フランスで石けんを使うのは良くないといわれているのはそのためです。
実際に私も研修でフランスへ行った時に、普段使用している洗顔料やシャンプーがいつもより泡立たず、すごく使いにくかったのを覚えています。
さらに、使用し続けると肌荒れがおきて、髪の毛はバサバサのゴワゴワになってまったくまとまらない。
現地の美容部員の方に聞くと、みなさん洗顔はせずふき取り飲み、シャンプーも毎日はしないらしく、化粧品コーナーにも洗顔というものがほとんどなくて、クレンジングクリームがたくさん並んでいました。
日本がどれほど上質な水に恵まれているか改めて実感した出来事です。
海外に行ったことがある方ならお分かりかと思いますが、決して水道水を飲んではいけないといわれます。
蛇口から出る水を美味しく飲めることが当たり前の日本では考えられないですよね。
日本のエステでも、クレンジングをしてコットンや蒸しタオルでふき取っていますが、それはベットに寝たまま洗い流すことができないから。
お役様にわざわざ洗面所に顔を洗いに行ってもらう手間を省いているだけです。
本当は、洗い流した方がいいに決まっています。
お水で洗わずに肌の汚れを落とすことはできません。
ふき取るだけは、肌の汚れを塗り拡げているだけ。
さらには、こする刺激が加わって、肌へのダメージは大きくなります。
例えば、料理で油まみれになった手を洗わずにふき取るだけですっきりしませんよね。
肌についた汚れや皮脂はは水で洗い流す、メイクをするなら石けんで落とす。
顔だけ一生懸命洗ったり、過保護になりすぎたり、保湿しすぎたり…。
顔だけ特別に考える必要はありません。
何が常識かは、肌の状態、環境、生活によって様々です。
情報に流されず、自分の常識を見つけること。
それが、美肌への正しい道だと私は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です