無漂白ティッシュと無印良品のティッシュケース

肌にも環境にも優しい無漂白ティッシュ
肌断食を始めてからずっと愛用しているアイテム。
フェリシモ 外箱なし! 漂白なし!半分サイズで森も守れるブラウンティッシュの会
在庫が無くなったので久しぶりにリピート購入しました。
P1100041.jpg
リビングや寝室など、色んな場所で使うので3個まとめ買い。
なんでわざわざ無漂白のティッシュを使うのかと思った方は、先に過去記事を読んでみて下さい。
過去記事:肌荒れを予防【肌に優しい無漂白ティッシュペーパー】
過去記事:花粉で鼻の皮ムケにはティッシュ選びが肝心
過去記事:無漂白ティッシュと綿100%マスクをリピート
毎月3つずつ購入していたらストックが大量に増えてしまったので、無くなりそうな頃にまとめ買いするようにしています。
在庫がなくなるのが不安で仕方ないほど溺愛しているアイテム。
ティッシュのみの販売なのでケースが必要になるため、器用な人は、自分で作ったりしているようですが、私はそういうセンスが全くないので既製品に頼りまくり…。
使っているのは、同じくフェリシモで買った木のケース
こちらは専用だけあってサイズがピッタリです。
P6220032.jpg
デザインも可愛らしくぬくもりのある感じなので、リビングと寝室に置いてあります。
そして今回、新たに洗面所にも置きたいと思ったので新しいケースを探していたら、なんと無印良品にも同じようなサイズのティッシュケースがあるという事で買ってきました。
P6240004-1.jpg
アクリルティッシュボックス。
専用ではないので少しサイズは大き目ですが、十分使えます。
上のフタが徐々に下がってくる構造は、フェリシモと一緒ですが、シンプルで生活感がないから、洗面所にピッタリでした。
しかも、アクリルだから定期的に洗ったりお掃除もしやすいので、湿気の多いところでも安心です。
分かりにくいですが、裏側にはすべり止めまで付いています。
P6240006-1.jpg
フェリシモも無印も環境に優しくエコな商品をメインにしたブランドですから、開発される商品も似ているのかもしれませんね。
以前は、無印にも無漂白のキッチンペーパーが売っていたみたいですが、今はもう販売されていないようです。
ずっと愛用したいアイテム、廃盤になりませんように…。
関連記事:肌断食マストアイテム「エリエール無漂白キッチンペーパー」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です