肌断食マストアイテム「ティッシュ編」

肌断食を始めてから、ずっと愛用しているアイテム。
フェリシモ 外箱なし! 漂白なし!半分サイズで森も守れるブラウンティッシュの会の在庫が少なくなったので、大量ストック。
2015-08-26_0006.jpg
まだ2袋残っていたんですけど、無くなるのが怖くてまとめ買いしています。
どうして私がこのティッシュを使い続けてるかは、過去の記事をご覧になっていただければ分かります。
■過去記事
花粉で鼻の皮ムケにはティッシュ選びが肝心
肌荒れを予防【肌に優しい無漂白ティッシュペーパー】
無漂白ティッシュと無印良品のティッシュケース
簡単にいうと、市販されている白いティッシュは、白くするために漂白剤などの化学薬品がたっぷり含まれていて、それが、肌荒れや毛穴の開き、詰まりの原因になってしまうということ。
普段何気なく使っているものこそ、とても大切なんです。
原因不明の肌荒れに悩んでいても、まさかティッシュが原因んだとは思いませんもんね。
実際私も半信半疑だったのですが、1度使ってからやめられなくなりました。
鼻をかむのも口を拭くのも全部このティッシュで、汗かいたり脂ギッシュになってしまった時に、優しく抑えるように使ったりもします。
値段的には、500円と少し高めですが、1120枚入って半分サイズなので使いすぎも防げます。
このままだと使い勝手悪いので、無印のティッシュケースに詰替えると、サイズがちょうど良く、洗えて衛生的です。
残った分は、密閉して保管しておきます。
2015-08-26_0008.jpg
これをリビング、寝室、お風呂場、デスクにスタンバイ。
どこでも使えるようにしている、私の相棒。
外出時は、こちらのティッシュをジップロックに入れていくか、フェリシモ 洗って何度も使えるガーゼティッシュ ナチュラルカラーの会を持ち歩いています。
PC140115.jpg
ハンカチで鼻をかむ勇気のある方は、ぜひこっそりとやってみてください。笑
もちろん普通にハンカチとしても使えます。
もうひとつ、無漂白のキッチンペーパーも使っていますが、こちらはティッシュというよりふき取りに適しています。
P7160024.jpg
過去記事:肌断食マストアイテム「エリエール無漂白キッチンペーパー」
丈夫なキッチンペーパーなので、濡らして使えるのが魅力的。
ふき取りながら手を洗うと、ハンドソープの代わりになると本に書いてありました。
洗剤で手が荒れてしまう人におすすめです。
以上、私の肌断食愛用アイテムティッシュ編でした。
他にも色々気になるものがあるので、少しづつそろえていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です