健康な頭皮と艶髪の必需品【おすすめヘアブラシ】

P7010007.jpg
頭皮と髪のためにヘアブラシにこだわる
健康な頭皮と美しい艶髪のために、ブラッシングはとても重要です。
頭皮や髪についた汚れやニオイ、皮脂などは、ブラッシングだけである程度落とせますし、頭皮の血行も良くなるので、毎日の習慣に取り入れています。
ヘアブラシやメイクブラシなどの道具選びはとても重要で、質の良くないものを使うと、たとえプロでもキレイな仕上がりにはなりません。
上の写真は、私が愛用しているヘアブラシたち。
特別すごく高いものは使っていませんが、自分で試して納得した1軍メンバーです。
先日、ヘアブラシは何を使っていますか?という質問をいただいたのでアップしてみました。
よろしければ参考にしてみて下さい。
おすすめヘアブラシ
写真左から順にご紹介していきます。
(画像が見つからずリンクがあったりなかったりですが、すみません。)
■TANGLE TEEZER タングルティーザー ザ・オリジナル

絡まりやすい毛も引っかからない、ブラッシングによるダメージを最小限に抑え、髪本来のツヤを取り戻すヘアブラシ。
プロやトップモデルも愛用しているらしいです。
髪が細く絡まりやすい人、ブラッシングで静電気がおきやすい人、髪の量が多い人におすすめ。
絡まった毛にも引っかからずストレスなくブラッシングできるので、お子様でも嫌がらずに使えます。
汚れても水で丸洗いできるので便利。
デザインもかわいいくて邪魔にならないので、いつも手元に置いてあります。
■100均のヘアコーム

たぶん、ダイソーかセリアで買ったヘアコーム。
濡れた状態が一番痛みやすいので、目の細かい櫛を使うとキューティクルが傷む原因になるため。お風呂上がりは目の粗い櫛を使います。
髪のもつれをほどいて、水分をある程度きってくれるので、タオルドライ、ドライヤーの時短になります。
■マークス&ウェブ ウッドブラシ 豚毛

定番豚毛のヘアブラシ。
オーガニックブランドなので、豚毛だけでなく木の部分にもこだわって作られていて、髪をしっかりキャッチしてくれるので、髪のよごれやニオイ落とし、スタイリングの仕上げに使っています。
艶出し効果抜群なので、ロングのストレートヘアでも使いやすく、スタイリングにも差が出ます。
■マークス&ウェブ ウッドヘアブラシ

こちらは、先ほどの豚毛ブラシのウッドバージョンで、ピンの部分もカエデ材で出来ています。
クッション性があって、頭皮を傷つけない素材なので、マッサージにおすすめ。
髪をざっとまとめたい時にも、ボリュームを抑えすぎずに整えられるので、緩めのまとめ髪の時にも活躍しています。
■サンビー ブロースタイリングブラシ LC-35

美容室でも使われているプロ愛用のロールブラシ。
前髪や毛先のブロー用に使っています。
巻き付けやすく毛離れがいいので、初心者でも割と扱いやすいブラシだと思います。
上手く使えば、アイロンより髪を傷めずツヤが出せるのでくせ毛さんにおすすめ。
無印良品 木柄頭皮ケアブラシ
これは、お風呂に入る前のブラッシング専用にしています。
こういった形のブラシは、アヴェダ パドル ブラシが有名ですが、それよりもお値段も安いこちらを試しに買ってみたら大満足でした。
大きなブラシで頭皮全体をマッサージできてとても気持ちがいいです。
ポイントは上から下、下から上、頭皮の全方向からとかしてあげること。
これだけで大部分の汚れが落ちますし、頭皮が軽くスッキリします。
以上、愛用ブラシのご紹介でした。
何か気になるものは見つかりましたでしょうか?
リクエストがあれば、それぞれのブラシについて使い方を詳しくご紹介したいと思います。
探せば他にもピンからキリまで、色々なヘアブラシがありますので、皆様もお気に入りを見つけて、健康な頭皮と艶髪作りに役立ててみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です