「肌断食で色白になる」新しいファンデーション買いました

肌断食で美白化粧品いらずの色白になる
どんなに高い美白化粧品を使っても効果のなかった私が、肌断食を始めて色白になれました。
元々そんなに色黒ではありませんでしたが、色々やりすぎて敏感になった肌が炎症し、顔だけ赤黒いような肌色でした。
ニキビや毛穴の黒ずみもひどかったです。
それが、肌断食を始めたら徐々に白く透明感のある肌になってきました。
今ちょうど1年くらいですが、始めた当初と比べるとかなり白くなっています。
irohenka1.jpg
肌色以外にもツッコミどころ満載ですけどね。
何はともあれ、色が白くなったのは嬉しいのですが、先日大事な用事がありまして、久しぶりにファンデーションを塗ったら色が合わなくなっていました。
塗ると顔だけ黒く黄色く浮いてしまいます。
肌断食を始めた時に買ったのですが、その時はピッタリでした。
アクセーヌのソフトタッチファンデーションのN20、標準色です。

全然使っていなくてもったいないけど、さすがに顔だけ黒いのは恥ずかしいので新しい色を買いました。
なんと、一番明るい色のP10。

お店でタッチアップしてもらった中で1番しっくりきたお色。
ファンデーションはいつも標準色だった私が、明るい色を使うなんて自分でも信じられない。
家に帰ってから2色をくらべてみました。
P7070019.jpg
並べるとN20は黄味が強いのが良く分かります。
同じ色味で一段明るい色のN10と迷ったのですが、やっぱり黄味が気になったので、ピンクよりのオークルP10にしました。
ちょっと白いけど、P20だと暗い感じがして…。
写真は撮影用に濃いめにつけているので、余計白く感じますが、薄く付けるといい感じです。
P7090049.jpg
このアクセーヌのファンデーションは、フェイスパウダーとファンデーションの中間のような存在で、ニキビや肌荒れがある時でも負担が少ないため、カバー力は弱いです。
しっかりお化粧したい方には物足りないかもしれません。
でも、敏感肌用で金属アレルギーがあっても色素をコーティングしてあるから使えるし、皮膚科医も合わない人はほとんどいないとおっしゃっていたので安心して使えることを優先しています。
注意:まれにアレルギーや成分に反応してしまう方もいらっしゃるので、使用する前は念のためパッチテストを行ってください。
肌断食をしていても、社会人だと、お化粧しなければいけない日もあるので、トラブルが全く気にならなくなるまでは手放せません。
いつかファンデーションがいらなくなるほどの美肌になれる日まで、お世話になっていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です