お肌は心の鏡、キレイになりたい気持ち

肌断食をしていると、必ずある不安な気持ち
このまま続けて大丈夫なんだろうか?
本当に肌はキレイになるのだろうか?

これは、あって当然のことだと思っています。
毎日スキンケアをするのが当たり前の時代
化粧品のCMを見ない日はありませんし、
テレビでも雑誌でも、スキンケアの特集ばかりです。
そんな中肌断食を始めるのは、とても勇気のいることだと思います。
それでもやめようと思って始めたのなら、
しばらく不安な気持ちは置いておいて、肌断食を楽しんでみませんか?
皮脳同根(ひのうどうこん)という言葉があります。
赤ちゃんがお母さんのお腹の中で成長する過程で、
皮膚と脳は同じ細胞から作られることから生まれた言葉です。
恋をすれば肌がつやつやキレイになって、
ストレスや悩み事があると肌荒れしてしまう。
マッサージしてもらうと気持ちいいし、
やさしく触れられたら嬉しくなる。
心とお肌の関係は、とっても深いものがあります。
肌断食を始めて、不安な気持ちばかりでいたら
その不安は必ずお肌に伝わってしまいます。
今日も肌荒れがひどくて嫌だな、
いつまでこんな肌でいなきゃいけないんだろう。
と、悪いところばかりに目を向けずに、
今まで色々してしまってごめんね。
今日もありがとう、昨日よりも肌の状態がいいね。
と、お肌に感謝の気持ちと優しい言葉をかけてあげましょう。
きっとあなたの気持ちにお肌は答えてくれると思います。
今日はちょっとスピリチュアルなお話になってしまいましたが、
肌断食にとってモチベーションはとても大切なので、
すこしでも参考にしていただけたら嬉しいです。
それでも不安になったり、壁にぶち当たったりしてしまったら、
ご質問やお悩みなど、いつでもお受けいたしますのでお気軽にコメント下さい。
私の分かる範囲で誠心誠意お答えさせていただきます。
話すことで気持ちが楽になることもありますしね。
ゆったりと余裕を持った心で、お肌と向き合っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です