肌断食中のメイク【肌に負担の少ないポイントメイクの方法】

b12ed5ddda2f950cc120f842de39b6f4_s.jpg
肌断食中でもメイクをすべてやめる必要はありません。
美肌になるためには、メイクは一切やめることが理想ですが、
だからといって女性らしくいたいとか、キレイに見せたいとかいう気持ちまで捨てる必要はありません。
10代の若いうちは完全なすっぴんでもいいかもしれませんが、大人の女性が何もしないで歩いていると、だらしない印象を与えたり、社会では化粧する事がマナーのようにもなっているため、相手に与える印象が悪いのが現状です。
何も知らない人からしたら、美容に興味がなくてズボラなんだろうと思われてしまいます。
キレイになるために肌断食していても、女性としての魅力が下がってしまっては本末転倒。
誰になにを言われても。どうしても何もつけたくないというストイックな方はいいかもしれませんが、そうでない方は、最小限きちんと見せるようにするのも一つの方法です。
女子会やデートにすっぴんで行ったら相手のテンションを下げてしまいそうですしね。
私も、近所のスーパーとかコンビニには、すっぴんに帽子でダッシュすることもありますけど、いつ誰に見られても恥ずかしくはないようにしているつもりです。
ポイントメイクで女性らしく華やかな印象を与える
ポイントメイクなら、ファンデーションに比べて肌にふれる面積が少ないので、刺激を最小限に抑えながらメイクを楽しむ事ができます。
アイブロウやアイシャドウ、口紅をつけているだけでも印象は変わってくるでしょう。
私も大切なお出かけの日は、ファンデーションを使用しますが、ちょっとしたお出かけ程度ならポイントメイクだけで済ませています。
ただし、使用する際にはいくつか注意点があります。
肌に優しいポイントメイクの方法
125413.jpg
まず、絶対にクレンジングは使用しない事です。
クレンジングには多くの界面活性剤が配合されているので、バリア機能を壊し肌を弱くする原因になってしまいます。
特に目元など、皮膚の薄いところは刺激を受けやすいので注意が必要です。
関連記事:肌に刺激を与える化粧品の成分
関連記事:化粧品はバリア機能を壊す!肌に浸透する本当の理由
アイメイク専用のポイントメイクリムーバーというものも販売されていますが、これは落ちにくいアイメイクを落とすためにさらに多くの界面活性剤が使用されているので使用は避けてください。
クレンジングを使用しなくても、純オイルでメイクは十分落とすことができます。
実際に、肌荒れで皮膚科に行くとメイク落としにオリーブオイルが処方されることもあります。
純オイルは、界面活性剤を配合しているクレンジングに比べたらベタベタするのがネックですが、慣れれば気にならなくなります。
メイクの正しい落とし方については、過去記事でご紹介していますので参考にしてみて下さい。
関連記事:石けんでメイクは落ちる!クレンジングは美肌の敵
関連記事:純オイルを使ったポイントメイクの落とし方
関連記事:肌断食流『石けんだけでメイクを落とす方法』
落としやすくするためにも、できればマスカラやアイライナーはお湯で落ちる物を選ぶと良いでしょう。
そして、アイシャドウなどをぬる時は、チップでこすって塗るのは避けて、ブラシでさっとのせる程度にとどめましょう。
使い方に十分注意すれば、メイクをあきらめる必要はありません。
何もしないナチュラルな美人も素敵ですが、美肌のためにメイクを我慢してストレスが溜まるようなら、適度にメイクを楽しむの事も一つの手。
あれもダメ、これもダメと自分に規制をかけてばかりいては、毎日がつまらなくなってしまいます。
ゆったりとした気持ちで肌断食を行っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です