【漢方で肌と体のメンテナンス②】美肌になる体質改善

いつまでも若々しく、体と心の健康のために飲み続けている漢方。
昨日、今月分を購入してきました。
元々ヨガやツボ押しなど東洋医学に興味があったので、過去に病気をしたのをきっかけに、本来は体質改善のために飲み始めた漢方ですが、キレイな肌は健康な体から作られるという通り、体作りをしっかりすると自然と肌の調子も整ってきます。
肌が全然違う!!とか劇的な効果は無いけれど、体の調子はとても良くなりましたし、肌断食との相乗効果もあってか、良い状態に持っていけていると思います。
今月選んでいただいた漢方はこの2つ
P6080003.jpg
イスクラ
■婦宝当帰膠
■二至丹

私のお世話になっている薬剤師さんは、とても親身に話を聞いてくださって、話したことを後でノートにメモして的確な漢方と養生法を教えてくださるので、とても参考になります。
ちなみに基礎体温のコピーも渡して体質を見極めてもらっています。
前回から引き続き、不足した「血」を補う婦宝当帰膠はベースとして飲み続け、今回は二至丹という漢方を併用することになりました。
女性に人気の漢方婦宝当帰膠については、前回の記事に詳しく書いています。
先月の漢方はこちら→【漢方で肌と体のメンテナンス①】健康な体から美肌は作られる
今回初めて飲むことになった二至丹は、簡単に言うと、オーバーヒートしてしまった体に潤いや艶、若々しさを与えてくれるというもの。私の体は、車でたとえると、ガソリンがないのにエンジン全開にふかしているような状態だそうで、専門的に言うと陰が不足した「陰虚」という状態だそうです。
少し難しい話になってしまいましたが、「陰虚」になるとこういった症状が出ます。
■頬が赤い、やせ気味、ほてる、のぼせ、めまい、耳鳴り、口が渇く、ドライアイ、不眠、寝汗、微熱、便秘など…。
うるおいが無くなるので、髪がパサついたり、皮膚の乾燥も起こるそうです。

私ほとんど当てはまります。生理前とか熱が出て辛くなっちゃうんですよね。
そんなつらい症状を良くしてくれるそうです。
さっそく今日の朝から飲み始めました。
サプリメントのような錠剤なので、漢方の味が苦手な人でも飲みやすいです。
P6080005.jpg
漢方ってお高いイメージがありますが、私が飲んでいるのは体質に合わせて完成されたお薬を選んでもらう形なので、それほど高くはないです。とはいっても1つ5000円とかしちゃいますけど。
本格的に調合してもらって作るやつは、月何万もするらしいので、それに比べたらお安い方かな。
あとは、予算に合わせて選んでくれるので、月いくらまでとお伝えすればそれ通りにしてくれます。
5000円を高いと思うかは人それぞれですが、健康のために何かを続けるのはとてもいいことだし、肌断食で化粧品代が無くなって、そのお金を体のメンテナンスに当てられるようになったので頑張って飲み続けています。
注意:今回紹介した漢方は、私の体質に合わせて提案されたものです。
漢方といってもお薬ですし、素人が判断して選ぶと副作用が出る恐れもあります。
体質改善のために漢方を取り入れる際は、必ずきちんとした専門家のアドバイスを受けて選ぶようにしましょう。
ご興味のある方は日本中医薬研究会ホームページからお近くの加盟店を探してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です